梅雨もあけ、8月に入り、ジリジリと暑い日が続くようになりました。

外に出掛けて家に帰ってくると、電気のスイッチよりも、エアコンのリモコンに真っ先に手が伸びてしまうほどです。

この時期、毎年悩まされるのが夜の寝苦しさです。徐々に体が汗ばみ、その不快感と暑さから何度も目が覚めて、その後は寝付けなくなってしまいます。今年こそは快眠を得たいと思い、夏の暑さをしのぐ寝具を一式そろえてみました。まずは、体に一番触れるであろう敷布団に敷くカバーを、冷感接触の敷パッドにしました。枕も冷感パッドにしました。四隅にゴムが付いていて、つけ外しがとても楽です。掛け布団も、うす掛けで冷感のタオルケットに買いかえました。色にもこだわって、涼しげなブルーに統一です。この日の夜からは、ひんやりとした肌触りの良い寝具に包まれ、幸せな気持ちで眠ることができました。冷感の寝具のおかげで、夜中に一度も目が覚めることもなく、快眠を手に入れることができたんです。

この夏は、暑さを上手に乗り切れそうです。